職人の目線

日展出品

    

題名は「熱い想い。」朝焼けに紅葉と色鮮やかさ。
今が一番美しい季節。燃える様な色の勢いを表現するのに
漆でする事にしました。形は乾漆で作り製作しました。
色を出すのにとても苦労しました。自然の偉大さはすてきで
すごいと思い頑張っています。


 

 

漆仕上がり


 
 椅子に漆を塗り仕上がりました。漆を塗り水ペーパーで研磨してそれを何回
 も繰り返して手間がかかりますが、とてもきれいで艶があります。 
 年数が経つ程色も良くなっていきます。長く使って頂ける様に心がけて作って
 います。


    
  

漆塗り

 
  
 今、漆を椅子に塗っています。材料はタモ・桐・アッシュを使っています。 
 タモとアッシュ材はとのこで目止めをします。目が深いのと漆塗りを合わせ
 るのに一番仕上がりがいいから、その様にします。初めは漆は薄く塗ります。 
 室に入れ乾かして、水ペーパーで研磨をします。薄いのは3回、後は原液を 
 使い、木のヘラで塗り、紙で拭き取ります。室に入れ乾いたら、水ペーパー
 をかけて塗りこの繰り返しです。手間がとてもかかります。

製作中

  

「漆の塗り物は宝物。」温もりのある桐と強度のある木を合わせて、一番
 人に優しさを考えた、テーブル・椅子・ロッキングチェア等椅子物が 
 多く、塗りは皆、漆で塗り最も手間のかかる仕上げです。
 代々使っても、品物が美しく使っていけます。
 乾漆の作品も美術展に出品しています。     

九州新工芸展


題名は夏、燃える。 今の夏は暑く燃える様な自然が生きている地球が
最も美しい様子、それを漆で仕上げる事にしました。
初めに形を乾漆で作りそれを漆の色で表現する、いつも夢を持って
製作しています。  

日本新工芸西九州工芸展

 
    
題名は故郷(ふるさと)です。自然の美しい様子を乾漆で仕上げた作品で、
赤と黒を強調しています。漆の色の原点であり、赤の迫力を自然の景色に
取り入れるのに漆を使って何回も塗って、その様子を出せる様に今もずっと
続けています。

日本新工芸展


 
東京国立新美術館で5月16日から5月27日まで展覧会が開催されます。
題名は日溜まりです。山の谷間と海に上がる水蒸気を表現し、暖かい風景を
色鮮やかに漆色でだす難しい自然の色、深さ、陰影を入れ美の表現とします。

日展



今、日展が福岡市美術館で開催されています。4月15日までです。出品しています。
もし良かったら見にいらして下さい。

   

 

個展



今、熊本県伝統工芸館で展示会をしています。
1月22日4時が閉館です。
もし良かったら、遊びにいらっしゃいませんか?
     

茶箱



  
茶の道具の一種で箱の底にひびがありました。線の様な隙間があり、これを埋めないと先へ進めません。どうやって埋めるかを考え、なんとか埋める事ができました。それから炭を使って表面を磨き漆を塗る事が出来る様になり、何回か塗って色を合わせる事が出来ました。小さな修理でも、工程を積み重ねないと仕上がりません。


<<前のページ  3ページ中 2ページ目  次のページ>>

プロフィール

カテゴリー別の記事

月ごとの記事

最近のコメント

選択中の記事

お世話になってます。

記事を探せます。

その他の機能

ケイタイで見れます。

qrcode