職人の目線

茶箱



  
茶の道具の一種で箱の底にひびがありました。線の様な隙間があり、これを埋めないと先へ進めません。どうやって埋めるかを考え、なんとか埋める事ができました。それから炭を使って表面を磨き漆を塗る事が出来る様になり、何回か塗って色を合わせる事が出来ました。小さな修理でも、工程を積み重ねないと仕上がりません。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

プロフィール

カテゴリー別の記事

月ごとの記事

最近のコメント

選択中の記事

お世話になってます。

記事を探せます。

その他の機能

ケイタイで見れます。

qrcode