職人の目線

幸せテーブル

 
 

 丸みと優しさをもたせ材料は桐を使います。軽くて温もりがあり触って心地が
 一番良いです。あとはデザイン、時間はかかっても伝統を取り入れ、良い製品を
 作る様にいつも思い試行錯誤を重ねて仕上げています。品物をお客様が買って
 くれたら、これで良かったと喜びに繋がります。

 
          

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

プロフィール

カテゴリー別の記事

月ごとの記事

最近のコメント

選択中の記事

お世話になってます。

記事を探せます。

その他の機能

ケイタイで見れます。

qrcode